おうちごはん

【ちりめんじゃこのつくだ煮レシピ/作り方】

ちりめんじゃこのつくだ煮

調理時間目安:15分ぐらい

細切り昆布と、ちりめんじゃこの甘辛つくだ煮です。
ごはんが進む一品で、常備菜としてもおすすめです。

※「しらす」「ちりめんじゃこ」の違いとは?
生のしらすを釜茹でしただけのものを「釜揚げしらす」といい、釜揚げしらすを少し乾燥させたものを「しらす干し」といい、しらす干しをより乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」といいます。いずれもいわしの稚魚を使った食材です。

続きを読む

【魚めんのすき煮のレシピ/作り方】

魚めんのすき煮

調理時間目安:30分以内

学校給食ではオーストラリア産の牛肉が使われますが、ここでは北海道産の短角牛を使用しています。仕上がりがほぼすき焼きで、卵が添えられていたら完璧すき焼きです。
牛肉を抗生物質・抗菌剤・ホルモン剤・遺伝子組み換え飼料不使用の愛知県産の豚肉に変更して作ったレシピもあります。(下記参照)

魚めんとは魚肉を麺状に成形した加工品のことですが、こちらでは魚肉の原料が明確ではないことと食品添加物の観点から省いています。魚麺を入れる場合は3cmくらいに切って厚揚げと同じタイミングで入れ、その分 厚揚げの分量を減らしてください。

続きを読む

【あかもく入りぎょうざ巻き(あかもくのみ)のレシピ/作り方】

あかもく入りぎょうざ巻き

調理時間目安:30分以内

学校給食ではフライヤーで揚げるだけの【あかもく入りぎょうざ巻き】が提供されますが、ここでは手作りします。前回はあかもくだけだと物足りないかな?と思って試しにひき肉も混ぜた具を入れてみましたが、今回はあかもくのみにしてみました。肉入りと比べるとちょっと大人テイストです。酸っぱいのが苦手な人は酢を入れなくてもOKです。時間と精神に余裕がある時は皮から手作りしても美味しいですよ。

続きを読む

【ドライカレーのレシピ/作り方】

ドライカレー

調理時間目安:30分

学校給食ではオーストラリア産の牛ひき肉が使われますが、ここでは豚肉で代用しています。学校給食ではこのレシピ分だと450gくらいの牛肉が使われますが、それだと肉々し過ぎる(そんなに要らない)ので肉は250gにし、代わりにレンズ豆の量を増やしています。レーズンの有無で味が大きく変わるのでレーズンは省かずに入れてくださいね。

続きを読む

給食の焼きそばのレシピ/作り方

給食の焼きそば

調理時間目安:20分くらい

一般的に焼きそばというとソース味のアレを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?でもでも学校給食に出る焼きそばってなんか甘い感じの味つけだった事を思い出します。今回のレシピはまさにそんなTHE給食の焼きそばです。学校給食ではキャベツを茹でてから炒めますが、栄養素が流れちゃってもったいないのでここではそのまま炒めてます。そうそう、これこれ、この味!ってなってくれたら嬉しいです。

続きを読む

【鮭の和風マリネのレシピ/作り方】

鮭の和風マリネ

調理時間目安:20分くらい


学校給食では鱒が使用されますが今回は入手できなかったので鮭のアラ(アラと切り身が売られていて、アラでも身が結構あった&安かったからアラを選びました)で作ってます。

続きを読む

【みそラーメンのレシピ/作り方】

味噌ラーメン

調理時間目安:30分以内


ややピリ辛の味噌ラーメンです。辛味が苦手な場合は豆板醤の量を減らしてください。麺は八幡製麺所の伊府麺(原材料は小麦・卵・塩のみ、かんすい不使用)を使用しています。

続きを読む

【おからの煮ものレシピ/作り方】

おからの煮もの

調理時間目安:20分くらい

学校給食では冷凍のおからが使われますがここでは生おからを、また学校給食ではまぐろの油漬が入りますが、我が家では子どもがまぐろを含む大型魚を摂取する機会をなるべく少なく、と考えているので代わりに油揚げを入れています。
てか普通に油揚げの方が美味しいと思うし。

おからも大豆・大豆も大豆・油揚げも大豆。大豆祭りじゃ。

続きを読む