【おからの煮ものレシピ/作り方】

おからの煮もの

調理時間目安:20分くらい

学校給食では冷凍のおからが使われますがここでは生おからを、また学校給食ではまぐろの油漬が入りますが、我が家では子どもがまぐろを含む大型魚を摂取する機会をなるべく少なく、と考えているので代わりに油揚げを入れています。
てか普通に油揚げの方が美味しいと思うし。

おからも大豆・大豆も大豆・油揚げも大豆。大豆祭りじゃ。


子どもがマグロなど大型魚を摂取する際のメチル水銀のリスクを考える。

おからの煮もの材料(6人分)

・まぐろ油漬
・油揚げ … 5×6cm5枚(50g)

・茹で大豆 … 120g

・生おから … 240g

今回使ったおからは遺伝子組み換えでない国産丸大豆の椿き家の華おからです。

・にんじん … 100g

・ねぎ … 細~中3本(100g)

・砂糖 … 大さじ2 ・しょうゆ … 大さじ3 ・みりん … 大さじ2 ・鰹節 … 10g

・水 … 400ml


おからの煮もの作り方

①油揚げは分量外のお湯でさっと茹でて油抜きをして細切りに、にんじんも細切り、ねぎは小口切りにする。

②鍋に分量の水と、味噌溶きなどザル状のものに入れた鰹節を入れて火にかける。沸騰したら弱火にして5分ほど煮出したら鰹節を絞らないように気をつけながら水分をきって取り出す。

③[2]のだし汁の中ににんじんを加えて少し煮たら、砂糖・しょうゆ・みりん・茹で大豆・油揚げ・ねぎを加えて煮る。

④最後におからを加えて、木べらで鍋底から混ぜながら水分を飛ばしつつしっかり火を通したら、できあがり♪

油揚げは岐阜県産の丸大豆・遺伝子組み換えでない菜種油・塩化マグネシウム含有物が原料のもの、大豆は北海道産の遺伝子組み換えでないもの、にんじん・ねぎは愛知県産の無農薬無化学肥料のオーガニック、水は岐阜県大垣市の天然水を使用しています。

2022年5月26日木曜日名古屋市公立小学校給食献立

【2022年5月26日(木)】

ごはん
牛乳
かきたま汁

おからの煮もの
りんごゼリー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA